床の滑り測定協会 トップ

CSR測定のご案内

準拠規格

当協会で行うCSR測定の準拠規格は下の通りです。

準拠規格: 高分子系張り床材試験方法|JIS A 1454

試験項目:(17)滑り性試験

滑り抵抗値(CSR測定)現場での測定

ご指定の場所にお伺いし、既存の床面のCSR測定を行います。滑り片や表面状態を選択いただき、実際の使用環境に適した測定を行います。

滑り抵抗値(CSR測定)供試体の測定

当協会にお送りいただく、供試体(試験体)のCSR測定です。製品の滑り性試験として、物性誤差や製品誤差等を考慮し、3〜5サンプルを測定し、その平均値を製品の「CSR値」とするケースもございます。

CSR測定報告書

当協会では、CSR測定が完了次第、測定報告書を発行し、ご指定の住所へ郵送致します。

供試体用CSR測定報告書

試験体CSR測定報告書サンプル

現地用CSR測定報告書

現地CSR測定報告書サンプル

※PDF等のデータによる報告書の配信、メールや電話での測定結果の通知は行っておりません。予めご了承ください。

携帯型測定機「ONO・PPSM」

携帯型試験機「ONO・PPSM」

履物を履いて動作する床、路面のCSR測定を行う際は、JIS A 1454規定の試験機「O-Y・PSM」と互換性を持つ携帯型測定機「ONO・PPSM」を用いて行います。

>東京工業大学の研究所にある「O-Y・PSM」

「すべり測定士」資格認定制度

すべり測定士資格証

当協会では、公正にCSR値を測定を行うため、「すべり測定士」資格認定制度を設けております。

試験に合格した「すべり測定士」が、ご指定の床のCSR値を正確に測定致します。

滑り片

下の「滑り片」の中から、実際の使用環境に最も近い滑り片をお選びください。「A80」は一般的な紳士靴相当、「A30」は運動靴相当の硬さです。不特定多数の歩行が予想される場合は、両方の測定をお勧めいたします。

1)硬さA80、厚さ5mmのゴムシート(硬さA72〜A80、厚さ3〜6mmのゴムシート)

2)硬さA30、厚さ8mmのゴムシート(硬さA29〜A35、厚さ7〜10mmのゴムシート)

3)その他:実際に使用している靴底など。

試験片表面状態の選択

滑り片同様、実際の使用環境において、想定しうる表面状態をお選びください。

1)清掃・乾燥状態

2)ダスト散布状態

3)水+ダスト散布状態

4)油散布状態

5)その他 受渡当事者間の協定による

※湿潤状態に関しては、JIS A 1454内に明確な規定がないため、当協会では、「5)その他 受渡当事者間の協定による」として規定しております。