床の滑り測定協会 トップ

ホテル大浴場の滑り抵抗係数測定(CSR測定)

ホテル大浴場の防滑改修に伴う、滑り抵抗係数の調査です。そもそもの石材の表面が滑りやすいこともありますが、常に濡れていること、石鹸などのヌメリ、湯気で視界が悪くなりがちであることなど、転倒事故の原因となる要素が至るところに潜んでおります。

今回は、転倒事故の予防として、

@床材そのものを滑りにくくすること

A日々のメンテナンスでヌメリをしっかり落とすこと

が挙げあれます。特にAに関しては非常に重要で、滑りにくくした床材を長期的に維持していくことが求めれます。

ホテル大浴場 滑り性試験

高圧洗浄、ブラッシング、薬品洗浄などの中から、床材の表面状態に最適なメンテナンスをしていくことが重要です。

今回のCSR測定では、湿潤状態のみでなく、乾燥状態の測定も行いました。大浴場の中では、部分的に乾いているところもあり、乾燥時と湿潤時の差が開きすぎないことも確認する必要があります。

防滑改修を行っても滑りやすくなるのは、この差が原因であることが多いため注意が必要です。