床の滑り測定協会 トップ

CSRについての基礎知識

バリアフリー法、正式名称「高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準|国土交通省」の改定に伴い、床の滑りに関する明確な数値目標が示されることとなりました。

バリアフリー法の中では評価指標として、「床の滑りの指標として、JIS A 1454(高分子系張り床材の試験方法)に定める床材の滑り性試験によって測定させる滑り抵抗係数(C.S.R)を用いる。」と記載があります。

この改定により、これまで曖昧であった転倒事故時の責任所在が、歩行者側にあったのか、管理者側にあったのかを、「CSR値」が判断材料として重要視されるようになりました。

また、CSR値は裁判においての判断材料としても採用されるようになっており、弊協会には裁判所、警察、弁護士(加害者・被害者)からの測定依頼が年々増加しております。

現在、CSR測定は法定点検ではないため、測定をしていない場合でも罰則等は一切ありませんが、不幸にも転倒事故が起きてしまった場合、管理者側に賠償責任が求められるケースが増えてきています。

「高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準|国土交通省」

国土交通省のHP内には、「主な改訂内容としては、これまで記載されていなかった床の滑りに係る評価指標及び評価方法等について記述を充実したほか、」との記載があります。

以下「高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準」抜粋

4.10 床の滑り

床の材料及び仕上げは床の使用環境を考慮した上で、高齢者、障害者等が安全かつ円滑に利用できるものとする。

(1)履物着用の場合の滑り

■履物着用の場合の滑り 日本建築学会の推奨値(案)

床の種類単位空間等推奨値(案)
履物を履いて動作する床、
路面
敷地内の通路、建築物の出入口、屋内の通路、階段の踏面・踊場、便所・洗面所の床C.S.R=0.4以上
傾斜路(傾斜角:θ)C.S.R−sinθ=0.4以上
客室の床C.S.R=0.3以上

(2) 素足の場合の滑り(※ここでは大量の水や石鹸などがかかる床を想定)

■素足の場合の滑り 日本建築学会※の推奨値(案)

床の種類単位空間等推奨値(案)
素足で動作し大量の水屋石鹸水などがかかる床 浴室(大浴場)、プールサイド・シャワー室・更衣室の床C.S.R・B=0.7以上
客室の浴室・シャワー室の床C.S.R・B=0.6以上

(3)滑りの差

突然滑り抵抗が変化すると滑ったりつまずいたりする危険が大きいため、同一の床において、滑り抵抗に大きな差がある材料の複合使用は避けることが望ましい。

高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準

バリアフリー法 高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準
平成29年3月 国土交通省

※ご注意ください!

国土交通省ガイドラインや各県の条例に記載のある履物着用時の「CSR'値」は、「JIS A 1454」に準拠した数値です。

メーカー様のカタログ等に記された「C.S.R'値」には、「JIS A 1509」に準拠した数値もございますので注意が必要です。